スマホで見る

土砂災害警戒区域★ハザードマップ★重要事項説明・・・ちょぴっと、まじめな話 | 横須賀市、三浦市の不動産のことならセントラルホームズ

スタッフブログ

スタッフブログ

  • 土砂災害警戒区域★ハザードマップ★重要事項説明・・・ちょっと、まじめな話

    2018-07-13

    西日本の豪雨被害を知るほどに
    自然の怖さに
    心配や不安な気持ちを持った方もいらっしゃると思います

    三浦半島の主な「心配のタネ3点セット」は
    土砂災害、津波、活断層・・・
    購入前の確認はとても大事です

    土地、戸建、マンション・・・
    購入する際には宅地建物取引士より「重要事項説明」を行います
    難しい言葉が並びお経のような説明が、睡魔との闘いになるかもしれませんが・・・

    本当に「重要な事項」満載です

    「それを知っていたら買わなかったのに・・・」が
    あってはなりません

    この「重要事項説明書」には
    「土砂災害警戒区域」と「津波災害警戒区域」についての記載もあります
    神奈川県内では「津波災害警戒区域」は未指定ですが今後、指定された際に
    区域内に該当する地域もあるかもしれません
    活断層については必須項目ではありませんが
    当社では説明しています

    「重要事項説明」は契約の前に行いますが
    物件の見学の際でも、検討中の物件がどのような区域内なのか
    当然、知っておきたいはずです

    横須賀市のホームページでも確認できますし
    当社には各エリアのハザードマップも置いてあります
    気になったらいつでもお越しくださいね



    物件のデメリットになることでも
    お客様には納得、理解していただいたうえで
    一生の大事なお住いを選んでいただきたいのです

    当社の社長の方針はブレることなく
    「不動産業者の利益より、お客様の安心、安全な取引が優先」

    その証拠に
    「重要事項説明書」「売買契約書」のチェックはかなりの厳しさで
    知識の量は辞書なみにハンパなく
    同業者からも
    「セントラルが作成した書類なら安心」そう言っていただけるほどです

    社長の日々の勉強の賜物ですから
    勉強が苦手な私にとっての
    「いつも手に届くところに辞書がある」安心感は
    お客様への安心にもつながっていると思います

    災害はいつ、どこで起こるかわからないので
    不安にもなりますが
    どのような区域に住んでいるか
    知っているのと、いないのでは、備えも違うと思います

    将来起こることを私が予知することはできませんが
    「プロの不動産業者」としての役割は、しっかり果たしていきたいと思います~

    長くなりましたが・・・たまに、まじめなお話でした


    テーマ名 

    ページ作成日 2018-07-13

ページトップへ

IT重説・オンライン内見受付中!